CD in4 : KAMAKA-UKULELE- Keep Strumming ! 秋の夜にピッタリ

 

秋の夜長にウクレレの音はとても似合う!
ウクレレは秋の楽器だ!
僕は、かたくなにそう言い続けてるww
そんな秋にピッタリの、ウクレレ・アルバムがリリースされた!
Kamaka `Ukulele Presents: Keep Strumming!

 

img_8666

 

ハワイイを代表するウクレレ・メイカー

『カマカ|Kamaka

創業100年を迎えた記念につくったのが

Kamaka `Ukulele Presents: Keep Strumming!

 

ジェイク・シマブクロ、ハーブ・オータ・ジュニア、タイマネ・ガードナー

カマカのウクレレを使っているプレイヤーのコンピレーション・アルバムで

多くの曲は、過去にリリースされた、演奏ミュージシャンのアルバムからだが

何曲かは、アルバム未収録曲も含まれている(このアルバムのために録音されたかは不明)

 

2枚組で24曲収録

たっぷり、ウクレレを聞くことが出来る

インスト、だけではなくヴォーカルも楽しめる内容だ

 

img_8667

 

オープニングは、先代のサミュエル・カマカ・ジュニア

孫のダスティンの弾くウクレレで ”The Doxology” 賛美歌(頌栄)を唱える

 

そして、ブライアン・トレンティーノ、マーク・ヤマナカと続き

ジェイクはソロではなく

2015年のTravelsから、クリス・カマカらサイド・オーダー・バンドと一緒の

”Everything Will be All right”これがとても良い

 

ディスク1の最後はハーブ・オータ・ジュニアで締めている

 

そして、ディスク2の最初が、驚きの曲

レジェンド、ジェノア・ケアヴェと孫のポーマイカイ・ケアヴェ・ライマンのデュエット

リアルなデュエットではなく、レコーディングのものだと思われる

ジェノア・ケアヴェのトラックにポーマイがヴォーカルを足したのだろう

興味深い一曲だ

 

さらに、チャド・タカツギ、ベニー・チャン、ブリトニー・パイヴァ、

ライアテア・ヘルム、もう一曲ジェイクで、大トリはクアナ・トーレス

ハワイイの一流ミュージシャンの多くが、カマカを使っているのだなという印象

 

コンピ・アルバムなので、持っているCDとダブルかも知れないが

このアルバムを聞くと、ウクレレの素晴らしさ、楽器としての多様性、可能性を感じることが出来る

 

売り上げの収益は Local children’s music organizationsに寄付される

秋の夜にお奨めの一枚!

 

Track List

1.The Doxology — Samuel Kamaka Jr

2.Pu`uanahulu — Bryan Tolentino

3.Lei Maile — Mark Yamanaka

4.Waltz With Me — Kalei Gamiao

5.Everything Will be Allright — Aidan James

6.The Shadow Within — Andrew Molina

7.Just A Little Bit — Paula Fuga

8.The Sun — Taimane Gardner

9.Lokemalia — Nate Mata

10.Everything is Better With You —Jake Shimabukuro

11.Blueberry Sky — Apirak Sirinanthakul

12.Le`ahi Morning — Herb Ohta, Jr.

13.Ka Huila Wai — Genoa Keawe —Pomaikai Keawe-Lyman

14.Moemoea — Kris Fuchigami

15.Lehelehe Blues — Chad Takatsugi

16.Mother — Rio Saito

17.Yesterday — Benny Chong

18.La`ieikawai — Hoku Zuttermeister

19.Koni Au — Ho`okena

20.Motoka — Brittni Paiva

21.Anahola — Byron Yasui

22.Amazing Grace — Raiatea Helm

23.Travels — Jake Shimabukuro

24.Ka`ohanakupaokamaka — Kuana Torres Kahele