PUPULE BOYS 10年振りのLIVE!唯一無二だね!


10年振り、一夜限りの復活

サーフロック、アイランド・メロウ・サウンドで
海好き、ハワイイ好きに人気だった
「ププレ・ボーイズ|PUPULE BOYS」が帰ってきた

 

 

レイドバックした素敵な時間

平均年齢は現在、何とか、50歳台をキープしているが
ほぼ、還暦バンドの「ププレ・ボーイズ」

結成は、97年ごろ
ペケロ、パニオロ、二人の山内氏が結成したバンドがスタート
同じ苗字だが、二人は縁戚関係ではないようだ

その後、ベースの田口氏、カモク・高橋氏が加わり
「ププレ・ボーイズ」は完成した

思い起こせば、結成当時からおじさんバンドではあったわけだが…

ペケロ、パニオロの両氏は、かつてメジャー・レーベルと契約し
デビューしていた経歴を持つ強者

湘南、横浜を中心に人気のパーティー・バンドだった
所謂、湘南サウンドとは一線を画す、本物志向の
サーフ・ロック、アイランド・メロウ・サウンドは
オリジナル、カバー共に素敵で楽しいサウンド

そして
2003年に“HAWAI’I SURF BAND”
2004年に”ライド&フライ”と2枚のアルバムをリリースしている

どうも、解散を宣言したわけではなさそうだが
10年前の演奏を最後に休止
その後は、それぞれの活動をおこなってきた

どんな経緯で、休止に至ったかは定かではないが
今年になって、1日限りのライヴをやろうとの誘いがメンバーに来たという

そうだ、僕は、2004年にインタビューさせてもらっていたこと思い出した
当時の写真はがこれ
12年前にはカモクさんの前にマイクはあるねww

 

pict0142 pict0181

 

また数年後に無理なくやろうよ

10年経ち、歳も取り、大人になり、少し丸くなったおじさん達は賛同しこの日を迎えた
各自の思いに、温度差は多少あり、それが、ステージでも見られたり…
そこも楽しく、見どころでもあった

年の流れは、人を変え
当時のライヴでは一言もしゃべらないため
一人、マイクがなく、「カモク|寡黙」のニックネームが付いた
カモクさんは、饒舌になり、マイクもセットされMCを廻すようにもなっていた

久々に、お目にかかったペケロさんも熱く元気そうだったのはうれしい

横浜「サムズアップ」客席は満員
懐かしいライヴを聴くことはもちろん
懐かしい仲間に会うことも楽しみに
おじさん、おねーさん達が集まり、盛りあがった

カラパナの「メニー・クラシック・モーメント」
セシリオ&カポノ「ナイト・ミュージック」
アイランド・バンド「I’m Your Captain」など
70年代ものカバー演奏は唯一無二!

どこを探しても、この懐かしく、緩いフィールで聴かせてくれるバンドはない!

毎年とはいわないが…
数年に一回…
皆が元気な間はやってもらいたい

2回のハナ・ホウを含め20曲を演奏してくれた
最後は、半数ぐらいのお客さんが立ち上がる
「ハンダチ状態」を作り上げるなど
おじさんバンドの面目躍如たるものがあった

10年振りの記念にカモクさんから拝借した
セットリストを載せておく