CD_In4 : RAʻIĀTEA HELM|ライアテアの「He Leo Hualai」

 

人気者、RAʻIĀTEA HELM|ライアテア・ヘルム
待望のニュー・アルバム
「He Leo Hualai – A Pure Voice」
5年振りのアルバムは、とても良い仕上がり
デビューから14年、ライアテアの代表作となりそうだ

 


IMG_8298

 

ヘルム・ファミリーもハワイイ音楽の名門
ライアテアの叔父はミュージシャン、民族問題の闘士として
ハワイイアン・レジェンドの”ジョージ・ヘルム”
3歳からフラを踊っているという

2002年にアルバム“Far Away Heaven”を引っさげて18歳でデビュー
一躍、ハワイイアン音楽界のアイドルとなった
プロデュサーにケネス・マクアカネを据え
完成度の高さで驚かされた

美しい、ハイトーンとファルセットはこの当時から
しかし、まだ少女の歌声だった
もちろん、ナ・ホク・ハノハノ・アワード新人賞を獲った

2004年、2007年に
ホク・ズッターマイスターのサポートでリリースした
2、3作目では大人のミュージシャンへと成長した歌声を聞かせてくれた
ケアリイ・レイシェル、ハワイイの歌姫ジェノア・ケアヴェとのデュエットは
驚きと感動を与えてくれた

その後、2011年の”SEA OF LOVE”まで4年の期間があり、
さらに、5年を経て、今年「He Leo Hualai」をリリースした
その間、2010年には“ケオラ・ビーマー”とコラボアルバムを出している

 


IMG_8297

 

デビューから14年を経て、アイドルのようだったジャケットの写真は
1920年代のカマカ・パイナップル・ウクレレを持つ
ハワイイらしい女性の姿に変わっている

先週、来日していたので、CDを手に入れた方も多いのではないかと思うが
小柄な、本当に可愛らしい女性で、声とイメージが一致する

新しいアルバムでの、歌声は変わらず、透明で美しい
彼女は、地声がクリーンなハイトーンであるため
ファルセットとの継ぎ目がないことが気持ちよい

ファルセットに無理がなく、感情や抑揚が気持ちよく混じり合い
身体に入り込む声だ

一本調子で、ぎりぎりのファルセットは聴いている方が辛くなるし
何曲か聴いていると厭きることがあるが
彼女の声はものが違っている

 


IMG_8299

 

ジェノア・ケアヴェ、レナ・マシャド、レイナ・アラ・ハイリなど
正統派の女性ヴォーカルを継いでいく若手と言われている

「He Leo Hualai」でも、トラディショナル、ハパ・ハオレ、コンテンポラリーと
様々なハワイイアン音楽の景色を見せてくれていて楽しい
ピアノをフィーチャーしたり、ジャズ的な音も楽しんでいる

一番の特徴は、歌が軽くなったことだ
どんな音域でも、気張ることなく軽く、スムースに歌っている
イメージとしては、初期のアルバムに近くなったかも知れないと感じるが

そこに、説得力や、人生の経験が感じられ、さらに素晴らしくなっている
これからが、ピークに向かって昇っていくのであろう
トラディショナル・ハワイイアンを歌う若手が少ない今、ライアテアにかかる期待は大きい

伝統を継いでいくミュージシャンだと言うことは本人もわかっているようだ
M12.のKe Kani Hone O Nā Manu
先輩達の代表曲をメドレーにして歌っている

ミュージシャンにはアラン・アカカ、ジェフ・アウ・ホイの新旧スティール・ギターの名手
ケアオ・コスタ、ジャック・オフォイア、ノエル・オキモト、ジェフ・ピーターソン
ブライアン・トレンティーノ、ホク・ズッターマイスターなど
素晴らしい人達が集まっている

おすすめ曲は
M2.  Kanaka Waipahe
M4.  Oʻahu
M10.Kāneʻohe
M12.Ke Kani Hone O Nā Manu

 

このアルバムは持っておくべき一枚だろう





収録曲

1.Aloha Nō Kalakaua
2.Kanaka Waipahe
3.Kaupo
4.Oʻahu
5.The Good Old Hoʻomalimali E
6.Kūliaikamauʻu
7.Mokuhulu
8.Lei Hinahina
9.Moanikeʻalaonāpuamakahikina
10.Kāneʻohe
11.Pua Nāʻū
12.Ke Kani Hone O Nā Manu