kahulanui

CD&VINYL

new release ! CD In4 ”カフラヌイ|KAHULANUI” 5年振りのフル・アルバム「Mele Hoʻoilina」

待ちに待った”カフラヌイ|KAHULANUI”の
フル・アルバムがリリースされた

”カフラヌイ|KAHULANUI”のフル・アルバムがリリースされた
”カフラヌイ”といえば 「ハワイイアン・スイング・ジャズ」
今回の「Mele Hoʻoilina」
しっかりそのスタイルが守られている

 

以前のアルバムまでは4人組+ゲストのホーンセクション、スチール・ギターだったが
今回のジャケット、最近の写真では9人(時々8人)で写っている
ライヴ・ツアーも、このメンバーでやっているようなので
8〜9人組になったのではないだろうか…

このあたりのことは、iTuneで聴いているだけで
フィジカルをまだ手にできていないので確認できていない
ライナーに書いてあることを期待したい
(しかし、ハワイイモノはとくにフィジカルが手に入りにくくなった…)

ハワイイアン・スイング・ジャズは気持ちが良いぞ

kahulanui CDジャケット

初めて、”カフラヌイ”を聴く方は
出だしの”イントロ”で間違ったと思うかも知れないが
その後の曲は1920年代~50年代を中心とした名曲達で
ハワイイ語が聴けてホッとすると思う

しかし、彼らの演奏はオシャレなスイング・ジャズだ
ハワイイアンとは違う曲調
僕は大ハマリなのだが…皆さんはどうだろう
1920〜30年代の”ロイヤル・ハワイイアン・ホテル””モアナ・ホテル”
こんな音楽が演奏され皆がスイングしていたと想像するだけで楽しい

スイング・ジャズのリズムの中に聞こえてくる
ウクレレ、スティール・ギターの音が、
知っているハワイイの曲が、
ハワイイ語が
”ロレナ・ナイポ Jr”のボーカルが
この音楽を「ハワイイアン・スイング・ジャズ」にしてくれる

アイデアあふれる楽しいアルバム

収録曲はソング・リストを見てもらいたいが
知っている曲も多いと思う
聞き慣れた曲も「こんなアレンジ素敵」だと、新しい発見があるのではないだろうか

前半の、オールド・ハワイイアンもよいが
M4.の「Eating of the Poi」はお奨め
ポイを食べる、たわいない曲だが気に入っている
1888年、最初のハパ・ハオレ・ソングといわれているが
”POI”、”BOY”など韻を踏んだ歌詞も少し今っぽい
「テレサ・ブライト」も好んで唄っている曲

M6.「Sweet Someone」、M7.「Fly me to the Moon」
このスタンダード曲もウクレレとスティール・ギターが効いている

「Sweet Someone」は、スティールのイメージが強いがウクレレをフィーチャー

「Fly me to the Moon」の間奏では、スティールがブリッジになって
ハワイイ語の歌詞に変わるところなどはグットくる
スティール・ギターは”Dwight Tokumoto”が弾いている

もう一曲
最後に入っている
M13.「Old Hawaiian Style/He’eia(Medley)」もよい
アナログ・レコードのノイズが入り
”ノーズ・フルート”と思われる音から始まる
ギターとイプヘケでジャズ・スタイルは封印し
オリジナ・ルメンバーで自らのアイデンティティーを表現し
最後に、祖先に感謝の言葉を残している
「He’eia」への乗り移りも気持ちが良い

アルバム全体を通して
アイデアに富み、オシャレで気持ちの良い作品に仕上がっている
是非聴いて欲しい1枚!

ナ・ホク・ハノハノ・アワードの本命になりそう

リーダーの” ロレナ・ナイポ Jr ”の祖父は
ロイヤル・ハワイイアン・バンドのメンバーだったそうだ
このグループは、祖父からの影響があるという

2012年にファーストアルバム「HULA KU’I」を出し
(CDでは2012年と記載されているが…公式HPでは2013年
 12年末リリースだったのかも)
第56回グラミー賞「リージョナル・ルーツ・ミュージック・アルバム賞」にノミネートされた

その後、2014年に4曲入りのEP
「Kahulanui “From Hawai’i to N.Y」をリリース
その後、ハワイイと西海岸を中心にメインランドでライヴ活動をおこなっていた

今回のアルバムも2017年12月27日にリリース
年末発売が好きなのかもしれない

今年の、「ナ・ホク・ハノハノ・アワード」に本命が現れた!

Track List

Intro
1 .Analani E
2 .E Mau
3 .Ka Ua Loku
4 .Eating of the Poi
5 .Ho’oluana
6 .Sweet Someone
7 .Fly Me to the Moon
8 .Maui Medley
9 .Heat Wave
10.Kahulanui Boogie Woogie
11.Almost Like Being in Love
12.On the Beach Waikiki
13.Old Hawaiian Style/He’eia(Medley)

Band Members

Lolena Naipo (Guitar, Lead Vocals) Duke Tatom (Ukulele, Vocals) Pat Eskildsen (Bass, Vocals) Tim Taylor (Drums)
Dwight Tokumoto (Steel Guitar) Jesse Snyder (Tenor Sax, Horn Section Arranger) Bill Noble (Baritone & Alto Sax, Flute)
Joshua Timmons, (Trumpet) Vince D’Angelo (Trombone)

 

今回のアルバム収録曲映像に良いのがないのでこれを!

記事が気に入ったら
8011web.comを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

8011web.com

関連記事

  1. LIVE

    ハワイイアン・ソウルとはこの音だ!アーニー・クルーズJr.@コットンクラブ

    「アーニー・クルーズ Jr. スペシャルゲスト・デフ・テック」が7月9…

  2. LIVE

    “ジョン・クルーズ | John Cruz” Japan ツアー 6/11 …

    ハワイイ・ソウル&フォーク最高のミュージシャン"ジョン・クルーズ | …

  3. CD&VINYL

    ■CDレビュー カラパナの”Malani Bilyeu | マラニ・ビリュー”ソロアルバム”WATE…

    サーフロックの雄”カラパナ”のリード・ヴォーカル”Malani Bil…

  4. LIVE

    急遽決定!”ブリットニー・パイヴァ” コットン・クラブ 3月6・7日

    ビッグ・アイランドのウクレレ・クィーン!BRITTNI PAIVA |…

  5. MUSIC&MEDIA

    Jeff Petersonがスラック・キー・ギター・タブ譜をネット販売している

    スラック・キー・ギター界の貴公子Jeff Peterson|ジェフ・ピ…

  6. CD&VINYL

    ■CD In4■ ジャック・ジョンソン 3年ぶりのソロ・スタジオ録音 ”From Here to N…

    ハワイイ生まれでワールドワイドに名前が知られている現役ミュージシャンは…

RECENT POST

  1. Keola Beamer
PAGE TOP