” ジョン・クルーズ | John Cruz” ギター・ワークショップ とても貴重な時間でした!よかった!

  • URLをコピーしました!

 

昨日6月8日”ジョン・クルーズ | John Cruz” が
スラック・キー・ギター・ワークショップを
藤沢「CANOES GRILL&BAR」でおこなった 
3年ぶり2回目の来日をしている”ジョン・クルーズ “
ハワイイでもあまり行っていないギター・ワークショップ

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

その内容は濃く熱気あふれる2時間となった
“ジョン・クルーズ “とワークショップ
イメージが湧かなかったので心配していたのだが杞憂だった

タブ譜などは用意せずに
聴かせて見せて感じさせる

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

最初はジョンの代表曲「アイランド・スタイル」
キーも下4弦はレギュラー・チューニングで
6弦、5弦がC、Gに落として弾いているそうですが

タロパッチの6弦CでもOKだそう

タブ譜で弾くわけではないので
そのあたりはフレキシブル

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

自分で感じた、好きな音色を探すことが大事だと繰り返し言う
そして、ハワイイアンの音楽は1度と5度の構成
例えばCとGあるいはG7で弾けると繰り返す

そこに、4度のFが加わるとブルースの感じが加わるそうだ
実際、「アイランド・スタイル」はC、G、Fの繰り返しだ

何度も弾いて、歌ってくれる
席を回って一人一人に手元を見せて説明する

実に丁寧で親切

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

1時間ほどで
2曲目の”ワイマナロ・ブルース”
「カントリー・コンフォート」がヒットさせたリコ・マーティンの曲

ジョンの過去2枚のアルバムには入っていないが好きな曲のようだ
ずっと、彼らのように弾きたいと思い
様々なチュ−ニングを試したが上手くいかなかったという

あるとき、「カントリー・コンフォート」のギターリスト
ユージン・マツムラからカポを7フレットで使っていることを教えてもらい
やっと、気に入った音で演奏できるようになったという

そんな、エピソードを交えカポノ有用性と音の作り方を教えてくれた

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

感性と理論が上手く混じり合った教え方
私たちには馴染みがないワークショップで少し難しかったかもしれないが

スラック・キー・ギターと言うよりもアイランド・ギターの神髄を学んだ気がした

明日10日は横浜サムズ・アップ http://stovesyokohama.com/
  11日は東京マウイ・マイクス(Sold OUT)でライヴがある

アイランド・ソウル・ミュージックをぜひ聴いて欲しい

11日にインタビューをさせていただく
濃い話を聞いてみたい

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

CONTENTS