LIVE

■LIVEレビュー■クアナ・トレス・カヘレ CD リリース・ジャパン・ツアー @コットンクラブ

 

6月29日 Cotton Club 
KUANA TORRES KAHELE- CD Release Japan Tour –
クアナ・トレス・カヘレ
CD リリース・ジャパン・ツアー

ニュー・アルバム“KAHELE”を完成させ
ソロとして来日したクアナ・トレス
日本全国三十カ所をツアーしていたというからその人気に驚く

(写真提供:COTTON CLUB 撮影: Y. Yoneda)

====================================

 

_DSC9693

 

ソロとしてのクアナに期待する

CD持って日本全国を回る
何だか懐かしい感じもするが…

コットン・クラブも2回の公演がほぼ満席
最近はクアナのソロとナー・パラパライの名前を使い分けて
活動しているが違いがわかりづらいと感じる

印象としてライヴ活動はソロ名義に収束していくのではないか
ナー・パラパライはトラディショナルな色合いが強いが
クアナはもう少し、新しいハワイイアン・ソングが好きなようだ
自ら書いたオリジナル・ソングもコンテンポラリーな色合いが感じられる

 

_DSC9811_s

 

安定感と安心感 

今回もベースにギター二本の編成
ソロのライヴを聞くのは始めてだったが「安定感」が第一印象

けっして破綻を来さず、計画通りにステージを進行していく
安心してみていられるが、ハワイイのミュージシャンらしくないともいえる

フェースブックをこまめに更新し
プロモーションも熱心な彼は
他の元ナー・パラパライのメンバーとは気質が違ったのかもしれない

澄んだ声と安定した音程、非常にキャッチー、メロディアスな曲
日本人に好まれるのも良くわかる
今のハワイイを代表するミュージシャンであることは間違いない

 

_DSC9696_s

 

新たなフィールドでハワイイを引っ張る!

彼のトレードマークである、とてつもなく豪華なニイハウ・シェルを纏い
じっくりと大人の時間を楽しませてくれた
彼のコンポーザーとしての力量も充分に感じられた

最後に「ハナミズキ」を日本語、ハワイ語で歌ってくれたが
第二の「涙そうそう」になりそうだ

たぶん譜面からではなく
耳で聞いてのコピーだと思わせる不思議なアレンジも逆に面白い

聞き終わって少し地味な感じと安定感が物足りなくも感じたが
これが彼の持ち味なのだろう

以前のナー・パラパライが強烈だったために
つい比較をしてしまうが
強烈な個性のメンバーを彼がバランスを取ってまとめていたのかもしれない
そんな人柄のように感じられた

ナー・パラパライは数年後に元メンバーで

個人的にはソロ活動に専念してほしい
残念ながら、今のナー・パラパライはクアナがいるだけで
ナー・パラパライではもはやない

ナー・パラパライは何年か後に元のメンバーと再結成してもらいたい
これは僕の思いだ…

今回のステージにフラが登場しなかったのは
ライヴ・ハウスという場所を見極めての判断か
ミュージシャンとしての矜持だったのかww

じっくり音楽が聴けてうれしかった
これからもハワイイの音楽シーンを牽引していくアーティスト
活動には注目だ!

記事が気に入ったら
8011web.comを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

8011web.com

関連記事

  1. LIVE

    ハワイイアン・ソウルとはこの音だ!アーニー・クルーズJr.@コットンクラブ

    「アーニー・クルーズ Jr. スペシャルゲスト・デフ・テック」が7月9…

  2. DA KINE BLOG

    オータサンにお目にかかって”UncleS”が書いた本を渡した

    ■ウクレレについて書いた本をウクレレの神様が欲しいと言ってくれるなん…

  3. LIVE

    ちょっと遅くなりましたが…「Ha’aheo | ハアヘオ」のLIVEレビュー ちょっと辛…

    書くのに難しいLIVEだった他のメディアにもレビューを書いた関係もあり…

  4. LIVE

    ■LIVE レビュー 素晴らしい! Na Leo | ナ・レオ は進化し続けている

    8月23日にビルボード東京で行われた“ナレオ|Na Leo”のライヴ楽…

  5. LIVE

    “HONOKA & AZITA” ウクレレ少女の驚きパフォーマンス…

    7月6日の茅ヶ崎”AhuAhu"は驚きと爽やかさが充満ハワイイからやっ…

RECENT POST

  1. Hula Hālau 'O Kamuela05
PAGE TOP