ハワイイアン・ソウルとはこの音だ!アーニー・クルーズJr.@コットンクラブ

  • URLをコピーしました!

 

アーニー・クルーズ Jr. スペシャルゲスト・デフ・テック」が
7月9日、10日に丸の内”コットンクラブ”でおこなわれた
他の媒体にもレポートを書いたので
ここでは、2ヶ月遅れてのアップとなることご容赦ください

 

_DSC6261_224

 

我が家ではCDプレイヤーの開閉部が壊れ盤の出し入れが出来なくなった…

最近のCDプレイヤーは、強制開閉が出来ない

昔のように、ピンを穴に差し込めば開くシステムがないらしい

そんな、愚痴をこぼしつつ…

 

愚痴の一つもでやしない、素晴らしいライヴでしたよ

アーニー・クルーズJr.

 

スペシャルゲストの「デフ・テック」が

新譜『Howzit!?』をハワイイでレコーディングをおこなったが

その時、デフ・テックの”マイクロ”が憧れの人だったという

アーニー・クルーズ Jr.がレコーディングに参加

 

新譜発売に合わせて実現したライヴで

ブルーノート東京などではデフ・テックがホストで

アーニーと同じくレコーディングに参加したブルース・シマブクロがゲスト

そんなライヴもおこなわれました

_DSC5587_419

 

父は、アーニー・クルーズ・シニア、弟がジョン・クルーズガイ・クルーズという音楽一家

その長男であるアーニーは、ハワイでジャック・ジョンソン

多くのミュージシャンからリスペクトされている

 

そのことが、納得できるステージ

友人にこのライヴを薦めていたが、皆、感動してくれた

 

これこそ、ハワイアン・ソウルの体現といった音楽で

緩やかな気持ちよさに、愛や、悲しみ、哀愁、幸せがスパイスとして振りかけられ

ステージにハワイの風景が浮かび上がってきた

 

三人編成でアーニーのヴォーカル、ギター

もう一本アコ-スティック・ギター、カホンのシンプルさ。

コーラスも入らずアーニーの枯れた、ハイトーンの声だけが聞こえてくる

 

数曲、踊られたフラは、アーニーのフィアンセだそうだ

あえて言えば、技術的には上手なフラとはいえなかったが、素敵なフラだった

フラと音楽がシンクロする、ミュージシャンとダンサーの心が通い合う

愛のある音とフラ、本当の意味でのフラがあった

日本で、その様なフラを見ることが希なので、心に響いた

_DSC6081_077

 

ライヴは、故デニス・カマカヒ ”ナ・アリイ・プオラニ” からスタート

01年リリースのアルバム「ポートレイツからは”ハナ・コールズ””カ・マカニ”を演奏

フラを交えて名曲”ウラパラクア”と続いていく

 

そして、「デフ・テック」も登場し

マイクロが大好きだという”I Hear Music”など2曲をセッション

年齢は離れているが、大ファンだったという「デフ・テック」の

アーニーに対するリスペクトが感じられる、最高のグルーブが生み出された

_DSC5638_470

 

そして、カウアウ・クレイター・ボーイズ時代の”オピヒ・マン”

梅雨に合わせて、62年の大ヒット曲「カスケーズ」の”悲しき雨音など”、ハナホー含め15曲

丸の内のステージにハワイの風が吹いた至福の時間だった

 

良い音楽に触れられると本当に幸せになれる

アーニーに感謝の夜でした

次は、ジョンと一緒に来て欲しい

 

写真提供/COTTON CLUB

撮影/Y. Yoneda

 

 

   

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

CONTENTS