■CDレビュー カラパナの”Malani Bilyeu | マラニ・ビリュー”ソロアルバム”WATER SONGS”が凄く良い!

 

サーフロックの雄
”カラパナ”のリード・ヴォーカル
”Malani Bilyeu | マラニ・ビリュー”が
ソロ・アルバム”WATER SONGS”を発売した
これが叔父さんのハートに突き刺さるアルバムだった!

-8011web 修正とお詫び-
その後の確認でこのアルバムは
2009年にファーストプレスがリリースされていた
2013年は紙ジャケに変更され
2009年と同じMaile Musickから品番も同じMLE.005でリリースされた

IMG_0021

カラパナのオリジナルメンバーで
最盛期にはマッキー・フェリーとのツイン・ヴォーカルで
海好き男女を魅了し続けたマラニ・ビリュー

確か一時期、カラパナから抜けていた時期もあるはずだが
現在は再びカラパナでも活動をしている

そんなマラニの最新ソロアルバムが
”WATER SONGS”

全12曲中9曲がマラニのオリジナル作品

その中には
タイトルソングの
M-03 ”WATER SONGS”
M-05 “NATURALLY”
M-08 “MANY CLASSIC MOMENTS”
M-10 “KONA MOON”などの名曲が含まれている

もちろん全12曲はアルバムのためのオリジナルレコーディングだ

カバー曲も
M-04 “WHITE SUNDAY BEACH”
M-06 “PUFF THE MAGIC DRAGON”
M-12 “ONLY GOOD TIMES”
珠玉の名曲揃い

あの美しく切ないマラニのヴォーカルに
アルデン・リヴァイのギター、ベース、コーラス

ケネス・マクアカネのウクレレなどが
絡み最高のグルーブを感じさせる

そして特筆すべきは
M-12 “ONLY GOOD TIMES”山内雄喜
スラック・キー・ギターを弾いていること
映画「ビッグ・ウエンズデー」でお馴染みのビーマ・ブラザースの曲を
マラニのヴォカールと山内のギターでじっくり聞かせてくれる

この一曲だけでも買う価値があると断言してしまう

M-01 “PAKALA”のみが新曲だが
古い音楽の焼き直し間は全くない

カウアイ島でハワイイアンらしい音楽活動を続けているマラニの
人間性を感じる優しく、切なく、美しいアルバムに仕上がっている

残年ながら日本国内での販売が見当たらないが
Mele.comから取り寄せられる

売り上げの一部は「みやぎびっきのかいーびっきこども基金」に寄付されるそうだ

Track List

01.Pakala
02.Cruzin on da Beach
03.Water Song
04.White Sandy Beach
05.Naturally
06.Puff the Magic Dragon
07.Baby I Love You
08.Many Classic Moments
09.Quicksilver Morning
10.Kona Moon
11.Don’t Think Twice
12.Only Good Times

 

IMG_0023

 

 

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

この記事を書いた人

CONTENTS
閉じる