MENU

今年も ” ナ・レオ” がやってくる!アリアナ・セイユも一緒です

2013 7/01
今年も " ナ・レオ" がやってくる!アリアナ・セイユも一緒です

 

夏の恒例となったナ・レオの3人がやってきます
ハワイイ好きなら知らぬモノはいない人気女性グループ!

 

naleo

ナ・レオ
featuring アリアナ・セイユand クムフラ・カマカ・クコナ

8月20、21日
ビルボードライブ大阪

8月23、24日
ビルボードライブ東京

 
1984年にデビューした彼女たちはメンバーも替わらず、間もなく30年を向かえようとしている。
高校の同級生三人組がラジオ局KIKIのオーディション番組
「Brown Bags to Studium」で優勝しアルバムデビュー

そのアルバム「Local Boys」がヒットしスターとなった

ナラーニ・チョイ、レフア・ヘイネ、アンジェラ・モラレスの3人は
ハワイイの普通のおばさん三人組
何の気負いもなくステージに登場し、さらっと演奏して帰って行く。
ローカル・ミュージシャンとはこうなのだろうなと感心させられる

ギター、ウクレレ、ベースのシンプルな演奏に
三声のハーモニーがピッタリと寄り添い本当に気持ちが良い

しかし、昨年の来日からステージがショーアップされるようになった
ギター、ベース、ドラム、キーボードのバンドを従え
少しコンセプチュアルな構成になっていた

ちょっとした驚きを持って昨年は聞いたが
このステージがそのまま今年リリースされたアルバム
「Romantic Waikiki」に凝縮されていた
Romantic Waikiki
今年もやってくるが、バックバンドには
「Romantic Waikiki」のプロデューサー
”ショーン・ピメンタル”が参加していたので納得

ナー・パラパライのプロデュースもしていたショーンは
ハワイイ屈指の名プロデューサー
新たな、ナ・レオの魅力を引き出している

もちろんナ・ホク・ハノハノ・アワードを
1984年から22も受賞している実力は半端ではないが
まだまだ、未知のパワーを秘めていると感じさせられる

そして、個人的だが
元ハワイアン・スタイル・バンドのギタリスト
ブライアン・ケスラーに注目している

ブライアンのスラック・キー・ギターを聞くだけでも価値があると思う

今年はどんなステージを見せてくれるのか
アリアナの踊りとともに楽しみにしている

 

Billboard-LIVE | ビルボードライブ

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

この記事を書いた人

CONTENTS
閉じる