風間孝司の写真

CD&VINYL

Recommend Hawaiian Music 005「風間孝司 Vol.01」

『KING 風間孝司さん』が
お奨めするハワイイを感じる5曲!
筋金入りのハワイイ音楽通が選んだ
ポピュラーだけれど深い
気持ちの良い曲ばかりが並ぶGoodセレクション!

新企画!
もっと、いろいろなハワイイ音楽を聴いて欲しい!
そんな想いで、考えたのが、この企画
ハワイイ音楽の目利き達がお奨めする
さまざまなジャンルからの
今、聞いて欲しい5曲を紹介する!
(不定期に更新)



「KING 風間孝司」氏の一回目

多くのハワイイ音楽好きがウクレレ、ギターなどの
購入、メンテナンスでお世話になっている
黒澤楽器にいらした「風間孝司」
現在は、退職し悠々自適…お酒と音楽と〜を楽しんでいる様子
8011web.com マスターも「お父さん」と呼び慕っております
世間では”KING”と呼ばれているようだが

若かりし頃、ハワイイに住み
”ギャビー・パヒヌイ”のステージ
”スキッピー”や”イズ”がいた”マカハ・サンズ・オブ・ニイハウ”
ライヴを「ホークス」で見ている、筋金入りハワイイ音楽通

”KING”が選んだ5曲は

本人曰く
『あんまりポピュラーすぎて面白くないかもだけど、こんな感じが僕のハワイかな』

風間孝司氏のSelect

(♪〜♪のコメントは風間孝司氏)
(演奏者 / 曲名)

1.Ryle Ritz / Lulu’s back in town

♪ベースプレイヤー・バリトンウクレレ
ハワイじゃないけどネ(風間)♪

さすが、お父さん !
ウクレレを”いの一番”に持ってきて
それも、”Ryle Ritz| HOW ABOUT UKE? ”だなんて

残念ながら、今年の3月に亡くなられてしまったが
ジャズ・ウクレレ・ミュージシャンの先駆者

”Lulu’s back in town”
1958年の「 HOW ABOUT UKE? 」に入っている
日本では「ハウ・アバウト・ウケ?」と訳されてるが
英語では”ユーク”と読む
How about you? に引っかけた題名

この方、凄いベース・プレイヤーで
あの、スーパー・スタジオ・ミュージシャン集団
”レッキング・クルー”の一員として
1960年代半ばから活躍
ビーチボーイズの”ペット・サウンズ”を始め5000曲以上のレコーディングに参加している

90年以降ハワイイに住み、日本にもハワイ音楽のミュージシャンとして 度々来日していた

2.Beamer Brothers/Only good Times

♪ご存知、映画『ビッグ・ウェンズディ』のテーマソング(風間)♪

”ケオラ”と”カポノ”のビーマ兄弟
1978年リリースの「Honolulu City Lights」
最後に入っているのがこの曲

映画『ビッグ・ウェンズディ』では
”The Three Friend Theme”と呼ばれ
印象的なシーンで、様々なアレンジでながれてくる
エンディングは最高!

涙が出るほど美しいメロディー

3.Don Ho/Tiny Bubbles

♪60年代ハワイ盛り上げた人だから。グレンキャンベルとやってる動画イイでっせ(風間)♪

ハワイイのフランク・シナトラ
”Don Ho|ドン・ホー”を代表する一曲
そして、1966年に全米チャート57位になった、ハパ・ハオレ・ソングの名曲

KINGのおっしゃるとおり60年代のハワイイを代表する歌手・エンターテイナー
64年からワイキキのインターナショナル・マーケット・プレイスにあった
ナイト・クラブ「Duke’s」でライヴをおこない、連日、満員の人気だった

風間サンお奨めのドン・ホー&グレンキャンベルはこちらの映像
唄うのは、やはりハパ・ハオレ・ソングの名曲 「Pearly Shells」

4.Olomana/kanaka waiwai

♪何故か耳に残ってしまう(風間)♪

”カナカ・ヴァイヴァイ”はJohn K. Almeidaの作品で
多くのミュージシャンがカバーしている
1977年リリースの2ndアルバム「And so we are」
「オロマナ」は唄っている
その中で、ピーター・ムーンがティプルを演奏していることにも注目

”ジェリー・サントス”と”ロバート・ビューモント”のデュオで
1976年デビューしたが、2ndアルバムリリース後、ローバートが早逝
その後、”ジェリー・サントス”が「オロマナ」を今も継続している

「オロマナ」の音楽はイントロ部分が長い曲が多い
インストかと思うと、ヴォーカルが入ってくるので要注意…
大好きな曲です

5.Na Leo pilimehana/North shore serenade

♪ウキウキしちゃう‼️Local Boysもイイなぁ(風間)♪

1984年アマチュアでリリースしたデビューアルバム「Local Boy」から
33年経つが、メンバー変わらず活動を続けている

カメハメハ高校の同級生3人が
高校生のバンドコンペ「Brown Bags to Studium」で優勝しチャンスを掴んだ

”North shore serenade” は、「Local Boy」の9年後
プロとしての本格的デビューアルバム「Na Leo pilimehana」の中の一曲

以上…「KING 風間」さんの5曲!
さすがのラインナップ
気持ちの良い音ばかりでした
そして、このアーティストたちすべてのライヴを見ているはず

次回は「パニオロ・山内」さんの5曲です!
お楽しみに

記事が気に入ったら
8011web.comを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

8011web.com

関連記事

  1. CD&VINYL

    ■CDレビュー カラパナの”Malani Bilyeu | マラニ・ビリュー”ソロアルバム”WATE…

    サーフロックの雄”カラパナ”のリード・ヴォーカル”Malani Bil…

  2. LIVE

    ハワイイアン・ソウルとはこの音だ!アーニー・クルーズJr.@コットンクラブ

    「アーニー・クルーズ Jr. スペシャルゲスト・デフ・テック」が7月9…

  3. HAWAII

    遅ればせながら 2015ミス・アロハ・フラの結果

    メリー・モナーク・フラ・フェスティバルもクライマックスを迎えている遅ま…

  4. CD&VINYL

    ■You Tube In4■ ザ・デュークス・オブ・サーフ “フムフムヌクヌクアプア…

    2013年7月に紹介したザ・デュークス・オブ・サーフ |The Duk…

  5. CD&VINYL

    CD:『Honoka & Azita』 EPアルバム 8月10日リリース

    『Honoka & Azita』のソロEPアルバムが 8月10日ファ…

  6. HAWAII

    ハワイイ出身のマーカス・マリオタがハイズマン賞獲得!快挙

    マーカス・マリオタ|Marcus Mariotaの続報!13日(現地時…

RECENT POST

  1. Keola Beamer
PAGE TOP